焼きいれ後編です。
前回は鑿の鍛冶屋さん(舟弘さん)焼入れの大変さや命がけで簡単に作れるような物ではない話をしましたが、今回は、現在の國貞のルーツを継承された横坂さんのお話です。

今回あるお客様から依頼されて國貞鉋を特注オーダーで作っていただきました。実は当社の監査役がもともと國貞鉋の鍛冶屋さんだったのです。当社紹介に少し書いてありますが、その一番のお弟子さんが横坂正人さんです。
監査役いわく、こんな事書いて良いのか・・・?しかし、この際怒られる事を覚悟で書きます。あまり横坂さん器用では無いそうで、これがいいらしいです。
問屋さんに評判のいい商品を作る事と、使う人に評判の良い商品は違いといいます。器用な人は、簡単に作ってしますそうです。実に簡単に・・・しかし、不器用なだけに何べんも何べんも焼きを入れ、焼きを戻し繰り返し繰り返し・・・・・刃物を鍛えていきます、最高の刃を作る為だけに。

最高の切れ味を求め続ける加治屋さんが段々少なくなり、後継者不足も有り伝統を継承していく事も非常に難しくなって来ています。この伝統を残す方法はこれから真剣に考えていかないと、日本文化が保たれなくなるのでは・・・・・?

さて、今回ある私の親しくさせて頂いている大工さんに、うれしい言葉でこの仕事をお受けしました。「俺さぁ、最後にいい鉋一丁欲しいんだよね!お前処の國貞鉋ないの?」私の頭では一丁有った記憶がありました。「是非、國貞鉋使ってください。探してきますよ!」とね。
しかしそんなに甘くありません。監査役に聞いてみたところ。「無いよ!ダメだよ俺のは・・・」 えっえ~・・・・!!無いのかよぉ~こりゃ参ったなぁと思っていたら監査役が、「作ってもらえ横坂に」そうだそれは名案だぁ!!
「じゃお願いしてもいいですか?」で1ヶ月ちょっと・・・来ました来ました。念願の國貞鉋、実は私は鉋見てもよく分りません。見るだけでも長年の経験が要ります。監査役に「どうっすか出来上がってきた鉋?」ちょっとドキドキしながら尋ねてみると、「良い腕なったね、横坂も・・・・」って言ってました。最高の最後のかもしれない國貞鉋!!これは、自分で渡したいと思いその大工さんにTELしました。

「おいでよ!現場に居るから」そして台も無い鉋の刃だけ持って現場伺いました。
ちょっと気になるでしょ。

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る